ホーム > 皮革品質分析 >皮革物性

皮革物性

引張強さ、伸び率、屈曲性など皮革の物理強度を測定します。

皮革製品にとって丈夫で長持ちすることは必要最低条件です。一日に何度も開け閉めされる財布やバッグ、絶えず力が加わり続ける革靴の表面。革のソファは人間の体重を支え、摩擦にさらされます。そんな皮革の物理的な"強さ"を分析し、皮革製品の品質を裏付ける試験を行うのが皮革物性分析です。その皮革製品が使用される状況や加えられる力や回数などの条件に合った、的確な試験項目をご提案させていただいております。

低温屈曲性

お問い合わせの多かった低温屈曲性試験ですが、このたび新規導入しましたので試験対応可能になりました。自動車用革などの低温屈曲試験に、ぜひ、ご利用ください。

[試験機] :低温槽付デマッチャ屈曲亀裂試験機

・低温下(−30℃まで)で上下チャックし往復運動させて屈曲し亀裂の有無を判定します。
・一度に多数のサンプル依頼に対応可能。
・試験温度や回数など条件設定の変更が可能。(ご相談ください)
・自動車用革などの試験に対応。

試験項目 金額(税別) 必要な試料の大きさ
低温下(―10℃)
デマッチャ屈曲 1万回
2,400円 各15×15cm
1万回毎に追加 1,000円

低温屈曲性

屈曲性試験の動画はこちら 低温屈曲性

耐屈曲性

革表面で靴の折り曲げ部分を再現し、決められた回数屈曲させることにより革の損傷を判定します。

試験項目 金額(税別) 必要な試料の大きさ
耐屈曲性(2万回) 2,000円 各15×15cm
耐屈曲性(1万回毎) 400円

耐屈曲性

耐屈曲性試験の動画はこちら

引張強さ・伸び率・引裂強さ

引張強さ試験は、革を引張り、切断するまでの強度を測定します。伸び率の試験では、革を引張り、切断するまでの革の伸びを%にて表し、評価します。引裂強さ試験は、革を引き裂いたときの強度を測定します。
仕上げ膜の剥離強さは仕上げ膜を剥がしていくときの強度を測定します。

試験項目 金額(税別) 必要な試料の大きさ
引張強さ 各2,400円 各15×15cm
伸び率
引裂強さ
仕上げ膜の剥離強さ

引張強さ・伸び率・引裂強さ

引張強さ試験の動画はこちら

銀面割れ

革を下から鋼球にて押し上げ、革の面に割れのできたときの荷重と高さを測定します。

試験項目 金額(税別) 必要な試料の大きさ
銀面割れ 2,400円 15×15cm

銀面割れ

銀面割れ試験の動画はこちら

耐もみ性

革表面同士を重ね合わせ、もみ合うことにより革表面の損傷を判定します。

試験項目 金額(税別) 必要な試料の大きさ
耐もみ性(スコット式)
2,000回
2,000円 15×15cm
耐もみ性(スコット式)
1,000回ごと
500円

耐もみ性


耐摩耗性

革表面に荷重をかけ、やすりでこすることにより革の磨耗を減量法で表します。

試験項目 金額(税別) 必要な試料の大きさ
耐摩耗性(500g  1,000回) 2,000円 各20×20cm
耐摩耗性(500g 1,000回毎) 600円
耐摩耗性(1kg 1,000回) 3,000円
耐摩耗性(1kg 1,000回毎) 700円
耐摩耗性

液中収縮温度

液中にて革の縮む温度を測定します。

試験項目 金額(税別) 必要な試料の大きさ
液中収縮温度 2,000円 5×5cm
皮革品質分析

分析依頼の流れ

エコレザー


お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

当財団への寄付、協力に関してはこちらへ